フランス語学習がもっと楽しくなる!
Cours de japonais individuel sur mesure
Tailor-made individual Japanese lessons

Online Lessons

【フランス語の発音ルール】「h(アッシュ)の発音」有音のh、無音のhとは?

フランス語の有音、無音のh 発音

「はじめてのフランス語」レッスンでは、発音のルールとして、次のようなこと学びます。

  • つづり字記号
  • つづり字の読み方
  • リエゾン
  • アンシェヌマン
  • エリジオン
  • 有音のh、無音のh

今回は特に、フランス語のh(アッシュ)の発音についてわかりやすく説明します。有音のh、無音のhの2種類があります。

オンラインレッスン開講中!お気軽にお問い合わせください。

フランス語のh(アッシュ)は発音しないの?

まずはじめに、フランス語の「h」は、「アッシュ」と読みますが、「h」が単語のなかにあるとき、この「h」は発音しないというルールがあります。

日本でもおなじみの高級ブランド「エルメス」は、Hermès というつづりですが、「ヘルメス」と読みません。私の好きなチョコレート屋さん「ジャン・ポール=エヴァン」(チョコレート職人の名前がそのまま屋号ですね!)は、Jean-Paul = Hévin と書きますが、「ヘヴァン」とは読みません。

そのほか、例えば、ホテルは、Hôtel と書いて、「オテル」と発音します。

「なぜ発音しないのか?」については、フランス語の語源にさかのぼらないといけませんので、またの機会にゆずることして、今回は、「hは発音しない」というルールを覚え、その上で、2種類のh(アッシュ)について見ていきましょう。

有音のh とは?

「有音」だからと言って、発音すると言うわけではありません!

フランス語の有音のh

この「有音」というのは、子音として「h」が働いていることを意味しています。つまり、有音のhではじまる語は、その前の語と音をつなげません。有音のhは、エリジオンやリエゾンをしないということです。

フランス語の有音のhとは

例えば、こんな感じです。

フランス語の有音のhの例

「ヒーロー(英雄)」のことをフランス語では、héro(エロ)です。男性単数名詞の前に、定冠詞をつけると、le héro(ル・エロ)となり、hが子音として働き、エリジオンしないわけです。

無音のhとは?

無音のhは、母音ではじまる語と同じ扱いになるため、エリジオンもリエゾンもします!

フランス語の無音のh

安心したいこととして、フランス語のhではじまるほとんどの語は、この無音のhです。ですので、数少ない有音のhがでてきたら、その都度覚えていくことになります。

フランス語の無音のhとは

無音のhは、母音で始まる語と同じように扱われるため、エリジオンとリエゾンをします。

フランス語の無音のhの例

例えば、「ヒロイン」のことをフランス語で、héroïne(エロイン)です。女性単数名詞の前に、定冠詞をつけると、la héro(ラ・エロ)となるのは、間違い!hは、母音と同じ扱いですので、エリジオンして、l’héroïne(レロイン)となります。

ルールは不思議だけど、先に進もう!

それにしても、ヒーローは有音のh、ヒロインは無音のhだなんて、不思議ですね。

「どうして?」というルールがフランス語の発音にはあります。悩んでいると進まないので、「とりあえず、そういうものなのだな」と思って、先に学習を進めていきましょう!

でも、好奇心を持って、ここで語源からしっかり学んでいくと、ますますフランス語のとりこになることは間違いなしですので、調べてみるのも楽しいですね。

今回は、基礎的なルールにとどめますが、またの機会に、その語源についてしっかりと解説していきます。

お楽しみに!

▶︎ つづり字記号「アクサン・テギュ
▶︎ つづり字記号「アクサン・グラーヴ
▶︎ つづり字記号「トレマ
▶︎ つづり字記号「アクサン・シルコンフレックス
▶︎ つづり字記号「セディーユ

もっとフランス語を学んでみたいな!と思ったら、ぜひオンラインレッスンをご受講ください。

オンラインレッスン開講中!お気軽にお問い合わせください。

フランス語学習に役に立つ動画を毎日配信しています!無料のYouTubeレッスンです。

タイトルとURLをコピーしました