フランス語学習がもっと楽しくなる!
Cours de japonais individuel sur mesure
Tailor-made individual Japanese lessons

Online Lessons

フランス語の綴り字 アクセント記号:トレマとは何か?意味と読み方

トレマとは何か つづり字記号

前回の記事「フランス語の発音規則:つづり字記号(アクサン)の種類」では、5つのつづり字記号を紹介しました。

その特徴として、

  • 発音に影響するもの
  • 発音に影響しないもの
  • 意味に影響するもの

の3分類について、それぞれのつづり字記号について説明しました。

今回は、5つのつづり字記号の特徴を一つずつわかりやすく解説します。

この記事では、トレマについてみていきます。

フランス語学習に役に立つ動画を毎日配信しています!無料のYouTubeレッスンです。

オンラインレッスン開講中!お気軽にお問い合わせください。

トレマとは何か?

タイトルの答えをまず一言で!

e E や i I や u U の上についている「チョン」

Ë ë

Ï ï

Ü ü

つまり、これのことです!可愛いですね。

トレマとは何か

トレマの特徴

「アクサン」というと、つい「強く読むのかな?」と思われがちですが、強く読むわけではありません。トレマには、母音と母音をわけて発音する働きがあります。

トレマの特徴

母音と母音をわけて、ということですが、トレマがつくのは、ふたつめの母音です。

発音に影響するもの

eにつく「トレマ」は、eの[ウ]の音を[エ]の音にする働きがあります。

発音に影響しないもの

i と u につく「トレマ」は、発音に影響しません。

意味に影響するもの

mais(メ)は、「しかし」という接続詞ですが、maïs(マイス)は「とうもろこし」の意味です。

トレマの例

では、具体的にトレマのついている単語を見ていきましょう。

トレマの例

例えば、日本でもおなじみの単語「ノエル」はクリスマスという意味のフランス語ですが、Noel というふうに、トレマがなければ、「ヌル」という発音になり、なにがなんだかわかりません。そこで、ふたつめの母音にトレマをつけると、母音と母音をひとつずつ発音するので、「ノエル」となります。

ほかの例としては、次のようなものがあります。

maïs corn mais (but) is pronounced [mɛ]
caraïbe Caribbean caraibe” would be pronounced [ka rɛb]
naïf naive naif” would be pronounced [nɛf]
canoë canoe canoe” would be pronounced [ka no]
Noël
https://www.lawlessfrench.com/pronunciation/dieresis/

まとめ

この「ちょん」は何だろう?と疑問に思われる方がとても多いので、レッスンではしっかりこの「つづり字記号」について、その意味や特徴を説明しています。

そうして、ようやく「あぁそうなんだ!」と納得して、フランス語を学び始めることができるわけです。もやもやを残さず、毎回のレッスンで疑問をすっきり解説していくことはとても大切ですね!

「つづり字記号」の意味や特徴を知らなくても、単語を覚えるときは、つづり字記号とセットで記憶していくことで、なんとなく特徴をつかんでいく方法もあります。

なんだかわからなくても、とにかく「つづり字記号」はあるものとして、覚えていくのです!こういう学習の仕方も大切ですね!

試験などでも、アクサン(つづり字記号)つけ忘れは減点の対象です。コツコツしっかり覚えていきましょう。

▶︎ 次の記事「アクサン・シルコンフレックス」はこちら
▶︎ つづり字記号一覧はこちら

▶︎ つづり字記号「アクサン・テギュ
▶︎ つづり字記号「アクサン・グラーヴ
▶︎ つづり字記号「トレマ
▶︎ つづり字記号「アクサン・シルコンフレックス
▶︎ つづり字記号「セディーユ

もっとフランス語を学んでみたいな!と思ったら、ぜひオンラインレッスンをご受講ください。

オンラインレッスン開講中!お気軽にお問い合わせください。

フランス語学習に役に立つ動画を毎日配信しています!無料のYouTubeレッスンです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました