フランス語学習がもっと楽しくなる!
Cours de japonais individuel sur mesure
Tailor-made individual Japanese lessons

Online Lessons

フランス語で「ありがとう」「どういたしまして」【完全版】Merci 以外の言い方 音声 カタカナ付き

フランス語でありがとう 会話

あらゆるシーンで使えるフランス語の感謝の表現をまとめました。ニュアンスをつけたり、状況に合わせて、ぴったりの感謝の表現をみつけてください。ありがとうの返事としての「どういたしまして」についても、たくさん紹介しています。

表現にはすべてカタカナをつけていますが、この記事で紹介している例文にはすべて音声があります。

フランス語学習に役に立つ動画を毎日配信しています!無料のYouTubeレッスンです。

オンラインレッスン開講中!お気軽にお問い合わせください。

おすすめのフランス語学習方法

この動画では、最初に日本語が流れて、そのあとフランス語が流れます。1回目は、通しで聞いてみて、そのあとは、日本語のあとに、音声といっしょに、あるいは自分で覚えたフランス語を言って、何度も練習をしてみてください!

何もみなくても、言えるように、発音できるようにすることが目標です!

文章ごとに品詞や適宜文法説明をを加えていますが、はじめはむずかしいことは考えずに、センテンスごとまるごと暗記していくことをおすすめします。

フランス語学習に役に立つ動画を毎日配信しています!無料のYouTubeレッスンです。

フランス語 メルシー/メルシーボーク 意味

Merci ! (メルシー) ありがとう!
Merci beaucoup.  (メルシー ボーク) ありがとうございます。どうも、ありがとうございます。

いちばんシンプルに、フランス語で「ありがとう」を伝えるには、「Merci (メルシー)」です。この一つの単語だけでも、もちろん感謝の気持ちを伝えることはできますが、「ありがとうございます」、「どうも、ありがとうございます」のようにもっと丁寧に伝えたい時、「Merci beaucoup(メルシーボーク)」という表現があります。Merci の後ろに、ボークをつけるだけで、より丁寧な表現になります。

ありがとう フランクな言い方

フランス語でありがとう

いちばんシンプルに、フランス語で「ありがとう」を伝えるには、「Merci (メるシー)」ですが、ファースをネームをその後につけると、フランクでありながらも、より感じのよい印象の「ありがとう」を伝えることができます。

▶︎Merci +ファーストネーム
  • Merci, Paul. (メルシー, ポール) ありがとう、ポール。
▶︎remercier (ルメルシエ) 感謝する
  • Je te remercie beaucoup. (ジュ トゥ ルメルシ ボーク) どうも、ありがとう
  • Je te remercie. (ジュ トゥ ルメルシ) 「わたしは君に感謝します」 = ありがとう

「感謝する」という意味のフランス語の動詞 remercier (ルメルシエ) を使って、お礼をいうこともできます。この場合、主語 je(わたし)と目的語(感謝をする対象)te(親しい間柄のあなた)を使います。また、この表現に、beaucoup(ボーク)をつけてより丁寧に表現することもできます。

ありがとう 丁寧な言い方

フランス語で丁寧なありがとう

いちばんシンプルに、フランス語で「ありがとう」を伝えるには、「Merci (メルシー)」ですが、そのあとに、beaucoup(ボーク)をつけると、より丁寧になるのは前述した通りです。

また、ただ単に一言「Merci (メルシー)」というのではなく、その後に、敬称(マダム、ムッシュ)をつけるとよりフォーマルで丁寧な表現になります。

  • Merci beaucoup. (メルシ ボーク)(どうも)ありがとうございます。
  • Merci Monsieur. (メルシ ムッスィユ) (男性に対して)ありがとうございます。
  • Merci Mamame. (メルシ マダム) (女性に対して)ありがとうございます。

ちょっとしたことですが単語をひとつ加えるだけで、ぐっと丁寧になるので、これらの表現はおすすめです。

ありがとう ビジネスでも使える

ビジネスで使える、フランス語でありがとう

Merci(メルシー)を使った表現はもちろんビジネスでも使えますが、「感謝する」という意味のフランス語の動詞 remercier (ルメルシエ) を使ったお礼の表現を紹介します。これら表現を使うことで、よりフォーマルな印象をあたえます。

▶︎remercier (ルメルシエ) 感謝する
  • Je vous remercie. (ジュ ヴ ルメルシ) 「わたしはあなたに感謝します」 = ありがとうございます。
  • Je vous en remercie. (ジュ ヴ ザン ルメルシ)「わたしはそのことについてあなたに感謝します」
  • Je vous remercie beaucoup. (ジュ ヴ ルメルシ ボーク) どうも、ありがとうございます。

この場合、主語 je(わたし)と目的語(感謝をする対象)vous(初対面やビジネスなどカジュアルでない間柄のあなた)を使います。また、この表現に、en「そのこと」を意味する中性代名詞を加えて、「そのことについて」感謝する方法もあります。さらに、beaucoup をつけてより丁寧に表現することもできます。

ビジネスの場面で役に立つ表現

▶︎Je vous remercie pour - (ジュ ヴ ルメルシ プーる) 「わたしはあなたに〜について感謝します」 

Je vous remercie pour – (ジュ ヴ ルメルシ プール) を使った表現は、pour 以下に感謝をしたい内容(名詞)を入れて文章を作ることができます。

  • Je vous remercie pour votre compréhension. ご理解ありがとうございます。
  • Je vous remercie pour les documents. 資料ありがとうございます。
  • Je vous remercie pour votre fidélité. ご愛顧ありがとうございます。
  • Je vous remercie pour votre commande. ご注文、ありがとうございます。
  • Je vous remercie pour votre soutien tout au long de cette année. この一年間のご支援に感謝いたします。
▶︎Je vous remercie de - (ジュ ヴ ルメルシ ドゥ) 「わたしはあなたに〜について感謝します」

Je vous remercie de – (ジュ ヴ ルメルシ ドゥ) を使った表現は、de 以下に感謝をしたい内容(動詞)を入れて文章を作ることができます。

  • Je vous remercie de m’avoir consacré votre temps précieux. 大切なお時間を割いていただき、ありがとうございました。

副詞 beaucoup / sincèrement をつけてより丁寧に

Je vous remercie pour – (ジュ ヴ ルメルシ プール) を使った表現も、Je vous remercie de – (ジュ ヴ ルメルシ ドゥ) を使った表現も、副詞 beaucoup / sincèrement をつけてより丁寧に表現することができます。

Merciを使わずにお礼する – ご親切にありがとう

フランス語でご親切にありがとう

Merci(メルシー)のあとに、C’est gentil をつけると、「ご親切にありがとう」の意味になります。気軽な間柄であれば、Merci, c’est sympas.(メルシ セ サンパ)と言うこともできます。

  • Merci, c’est gentil.(セ ジョンティ) ご親切にありがとう(ございます)。
  • Merci, c’est sympas.(メルシ セ サンパ)ご親切にありがとう。

また、Merci(メルシー)を使わずに、「ご親切にありがとう」をいう表現もありますので、あわせて覚えておくとよいでしょう。

  • C’est gentil de ta part.(セ ジョンティ ドゥ タ パール) = ありがとう。
  • C’est gentil de votre part.(セ ジョンティ ドゥ ヴォートル パール) = ありがとうございます。
▶︎C'est gentil de 「〜してくれてありがとう」
  • C’est gentil de m’aider ! (セ ジョンティ ドゥ メデ)助けてくれてありがとう。

本当に/無限に/1000回 ありがとう

Merciに一言添える言い方

ここからは、Merci ! (メルシー) 「ありがとう!」のバリエーションを紹介します。単語をひとつ加えて、より強い感謝の気持ちを表現することができます。

  • Merci vraiment. (メルシ ヴれモン) 本当にありがとう(ございます)。
  • Merci infiniment. (メルシ アンフィニモン) (無限に)ありがとう(ございます)。
  • Merci mille fois. (メルシ ミル フォワ) (1000回)ありがとう(ございます)。

vraiment(ヴれモン)は「本当に」、 infiniment(アンフィニモン)は「無限に」、mille fois(ミル フォワ) は「1000回」という意味で、日本語では、ありがとうという表現に「無限に」や「1000回」を付けて感謝を表現しないので、どれも「どうもありがとう」のニュアンスです。

また、Merci(メるシー)については、感謝をする対象との間柄(誰に対して「merci」を言うか)により、日本語の「ありがとう」であったり、「ありがとうございます」に対応するかと思います。

気持ちを込めて ありがとう

フランス語で気持ちを込めてありがとう

引き続き、Merci ! (メルシー) 「ありがとう!」のバリエーションを紹介します。単語をひとつ加えて、気持ちを込めて「ありがとう」を表現することができます。

  • Mille Mercis. (ミル メルシ) (1000回)ありがとう(ございます)。
  • Grand merci. (グラン メルシ) (大きな)ありがとう(ございます)。

これらの表現を口頭で言うこともあるかと思いますが、どちらかといえば書き言葉でよくみられるかもしれません。いずれにしても、気持ちを込めて感謝したい場合に使います。

▶︎(心の底から)ありがとうございます
  • Merci du fond du coeur. (メルシ デュ フォン デュ クール)
  • Je vous remercie de tout mon coeur. (ジュ ヴゥ ルメルシ ドゥ トゥ モン クール)
  • Je vous remercie de tout coeur. (ジュ ヴゥ ルメルシ ドゥ トゥ クール)

もう一度/あらかじめ/いろいろ ありがとう

フランス語でいろいろありがとう

今度は少し変化のある、Merci ! (メルシー) 「ありがとう!」のバリエーションを紹介します。単語をひとつ加えて、ニュアンスをつけて表現することができます。

  • Merci encore. (メルシ アンコーる ) (もう一度)ありがとう(ございます)。
  • Merci d’avance. (メルシ ダヴァンス) (あらかじめ)ありがとう(ございます)。
  • Merci pour tout.(メルシ プール トゥ) いろいろ、ありがとう(ございます)。

これら3つの表現は、それぞれの状況において使うことができます。

まず、Merci encore. (メルシ アンコール )は、もうすでに感謝の気持ちを伝えた上で、さらにもう一度「ありがとう」を言いたいときに使います。

次に、Merci d’avance. (メルシ ダヴァンス) は、何か頼みごとをした時などに、そのことをやってもらうことを前提として、あらかじめ「ありがとう」を言いたいときに使います。

「感謝する」という意味のフランス語の動詞 remercier (ルメルシエ) を使って、 Je vous remercie par avance. (ジュ ヴ ルメルシ パール ラバンス)と言うこともできます。

最後に、Merci pour tout. (メルシ プール トゥ) は、いろいろお世話になった方に対して、使うことのできる便利な表現です。

ちょっと変わった ありがとう

フランス語でちょっと変わったありがとう

さらに、少し変化のある、Merci ! (メルシー) 「ありがとう!」のバリエーションを紹介します。単語をひとつ加えて、ニュアンスをつけて表現することができます。

  • Merci bien. (メルシ ビアン ) (ぶっきらぼうに)ありがとう。
  • Merci en tout cas. (メルシ アン トゥ カ) (とにかく)ありがとう(ございます)。
  • Merci quand même.(メルシ カン メンム) (それでも)ありがとう(ございます)。

これら3つの表現は、それぞれの状況において使うことができます。

まず、Merci bien. (メルシ ビアン ) は、少しぶっきらぼうな印象を与える「ありがとう」なので、注意が必要です。皮肉っぽくお礼を言うときなどにも使います。わたしはほとんどこの表現は使いません。

次に、Merci en tout cas. (メルシ アン トゥ カ) は、相手が手を尽くしてくれたけれど、成果が得られなかった状況などに、「とにかく」そのことをやってもらい、「ありがとう」を言いたいときに使います。

最後に、Merci quand même.(メルシ カン メンム) は、Merci en tout cas. (メルシ アン トゥ カ)と少し似ていて、相手が手を尽くしてくれたけれど、成果が得られなかった状況などに、いろいろやってくれて、思うようにいかなかったけれど、「それでも」「ありがとう」を言いたいときに使います。

Merci à 〜 (人)に対して ありがとう

Merci à 〜 (人)に対して ありがとう

続いては、Merci に、前置詞 à をつけて、特定のひとに対する感謝を表現する方法です。

▶︎Merci à (人):(人)に対してありがとう
  • Merci à toi. (メルシ ア トワ) 君に感謝します。
  • Merci à vous. (メルシ ア ヴ) あなたに感謝します。
  • Merci à tous. (メルシ ア トゥス) みなさんに感謝します。
▶︎Merci à ファーストネーム
  • Merci à Marie. (メルシ ア マリー)マリーに感謝します。

少し形式的な表現ですが、Merci à toi. (メルシ ア トワ)やMerci à vous. (メルシ ア ヴ)などは、会話でも用いることができます。

それに対して、Merci à tous. (メルシ ア トゥス) やMerci à Marie. (メルシ ア マリー)などは、スピーチなどで使われる形式的な表現です。

Merci pour 〜 (モノ/コト)に対して ありがとう

merci pourを使った表現

Merci pour + 名詞

引き続き、Merci に、前置詞 pour をつけて、モノ/コトに対する感謝を表現する方法です。

▶︎Merci pour (名詞):(モノ)に対してありがとう
  • Merci pour ton cadeau. (メルシ プール トン カド) プレゼントをありがとう。
  • Merci pour votre cadeau. (メルシ プール ヴォトル カド) プレゼントをありがとうございます。
▶︎Merci pour (名詞):(コト)に対してありがとう、〜してくれてありがとう
  • Merci pour ton aide. (メルシ プール トン ネッド)助けてくれてありがとう。
  • Merci pour votre aide. (メルシ プール ヴォトル レッド) 助けてくれてありがとうございます。

まず、Merci pour では、前置詞 pour のあとに(名詞)がきます。この名詞は、具体的なモノと抽象的なコトなど、いずれの名詞も導くことができます。

  • Merci pour 具体的なモノ ▶︎〜をありがとう
  • Merci pour 抽象的なコト ▶︎〜してくれてありがう

その違いについては後述しますが、これら Merci pour の表現は、Merci de と言い換えることも可能です。

Merci de 〜(モノ/コト)に対して ありがとう

Merci de + 動詞

merci de 動詞を使った表現

次は、Merci に、前置詞 de をつけて、コトに対する感謝を表現する方法です。

▶︎Merci de(動詞):〜してください
  • Merci de patienter (メルシ ドゥ パシアンテ)お待ち下さい。
▶︎Merci de(動詞):〜してくれてありがとう(ございます)
  • Merci de m’avoir aidé. (メルシ ドゥ マヴォワール エデ)助けてくれてありがとう(ございます)。

このように、Merci de という表現では、動詞を従えることができます。その意味はふたつあり、ひとつは、「〜してください」のように、「〜してくれてありがとう」の意味を含みながら要求する表現、もうひとつは、字義通り「〜してくれてありがとう」という表現です。複合形を用いて過去の行為に対する感謝を言うことができます。

Merci de + 名詞

merci de 名詞を使った表現

続いては、Merci に、前置詞 de 名詞で、コトに対する感謝を表現する方法です。

▶︎Merci de(名詞):〜してください
  • Merci de ton message. (メルシ ドゥ トン メッサージュ) お返事待ってるね。
  • Merci de votre message. (メルシ ドゥ ヴォートル メッサージュ) お返事を待っています。
▶︎Merci de(動詞):〜してくれてありがとう(ございます)
  • Merci de ton aide. (メルシ ドゥ トン ネッド)助けてくれてありがとう。
  • Merci de votre aide. (メルシ ドゥ ヴォトル レッド) 助けてくれてありがとうございます。

Merci de(動詞)の表現と同様に、Merci de(名詞)の表現でも、「〜してください」という催促、あるいは要求の意味を持つことがあります。例えば、同じ message という名詞を用いて、Merci pour を使うと、Merci pour ton / votre message.「メッセージありがとう」の意味が強くなるかと思います。

その違いについては後述しますが、Merci de の表現には、「過去」のニュアンスが加わるという特徴があります。例えば、これら Merci pour でも言うことができますが、 Merci de ton aide.「助けてくれてありがとう」など抽象名詞を従える場合は、過去になることが多く、Merci de の表現が使われる傾向にあります。

Merci pour と Merci de の違い

Merci pour と Merci de の違いをわかりやすくまとめたいと思います。

Merci pour と Merci de には、違いはない

まず最初に、Merci pour と Merci de には、特に違いはないという考え方です。実際に、フランス人たちも、同じ場面でどちらの言い方もするそうです。

とはいえ、文法的な違いやニュアンスなどは多少ありますので、さらにみていきます。

未来の行為 or 過去の行為

Merci pour と Merci de について、次の例を見て比較してみましょう。

  • Merci pour votre attention (merci + pour + 未来の行為)
    例)On remercie d’être attentif pour écouter attentivement un discours.

この例では、「スピーチを注意深く聞いてくれてありがとう」という意味にもなりますが、その「スピーチを注意深く聞いてくれる」行為は、未来志向となっています。つまり、「スピーチを注意深く聞くために、耳を傾けてくれているということについてありがとう」といった意味です。

  • Merci de votre attention (merci + de + 過去の行為)
    例)On remercie d’avoir écouté attentivement un discours.

この例では、「スピーチを注意深く聞いてくれてありがとう」の意味になります。

同様に、Merci de ton aide. 「助けてくれてありがとう」も、その意味は、過去志向です。とはいえ、Merci pour ton aide. も、「助けてくれてありがとう」の意味になりますので、やっかいですね。この説明については、文語的か、口語的か、の違いにあてはまるかと思います。

文語的 or 口語的

一般的に、Merci pour と Merci de には、特に違いはないという考え方があり、実際に、フランス人たちも、同じ場面でどちらの言い方もするそうです。

こういった場合のひとつの説明として、それが、文語的なのか?口語的なのか?を考えてみると、答えが見つかるケースがあります。

  • Merci pour ▶︎口語的傾向、よりカジュアルな印象
  • Merci de ▶︎文語的傾向、よりフォーマルな印象、丁寧

あとは、ネイティブたちの口が自然とどう動くか?にかかっているかと思います。Merci de ton aide.と会話で自然に言うフランス人もいるかと思いますから、この辺りは、場合によりけりです。

たしかに、手紙やメールなどで、Merci pour を使えば、よりカジュアルな印象、Merci de を使えば、よりフォーマルな印象があります。書き言葉として、どちらも表現も使うことができますが、丁寧に書きたい場合は、Merci de を使うとよいかもしれません。

具体名詞 or 抽象名詞

もうひとつの使い分けとして、Merci pour と Merci de のあとに続く名詞の性質が、具体名詞なのか、抽象名詞なのか?という区別です。

  • Merci pour ▶︎具体名詞→(モノに対して)ありがとう
  • Merci de ▶︎抽象名詞 →(コトに対して)ありがとう

例えば、Merci pour ton cadeau. 「プレゼントありがとう」では、cadeau(プレゼント)は具体名詞ですが、Merci de ton aide. 「助けてくれてありがとう」では、aide(助け)は、抽象名詞であり、過去の行為に対しての感謝を伝えています。

同様に、抽象名詞の例として、Merci de votre invitation. = Merci de m’avoir invité.「「ご招待いただき、ありがとうございました」や、Merci pour vos conseils. = Merci de m’avoir conseillé.「アドバイスをいただき、ありがとうございました」などがあります。

動詞をしたがえるのは、Merci de のみ

動詞が続く場合、つまりなにかの行為に対して感謝したいときには、必ず Merci de を使います。

前述しましたが、Merci de +(動詞)の表現には、意味がふたつあり、ひとつは、「〜してください」のように、「ありがとう」の意味を含みながら要求する表現、もうひとつは、字義通り「〜してくれてありがとう」という表現です。複合形を用いて過去の行為に対する感謝を言うことができます。

▶︎Merci de(動詞):〜してください
  • Merci de patienter (メルシ ドゥ パシアンテ)お待ち下さい。
▶︎Merci de(動詞):〜してくれてありがとう(ございます)
  • Merci de m’avoir aidé. (メルシ ドゥ マヴォワール エデ)助けてくれてありがとう(ございます)。

Merci を使わずに お礼をいう表現

Merci を使わずに お礼をいう表現

最後に、Merci を使わずにお礼をいう表現をいくつか紹介します。

  • C’est gentil.(セ ジョンティ)ご親切に!
  • C’est sympas. (セ サンパ)ご親切に!(親しい間柄で)

Merci, c’est gentil. や Merci, c’est sympas. のように、Merci のあとに、これらをつけると感じがよくなるので、この表現はおすすめします。

さらに、違う構文になりますが、「ご親切にありがとう(ございます)」表現を3つ。

  • C’est gentil de ta part. = merci.
  • C’est gentil de votre part. = merci.
  • C’est gentil de m’aider ! = merci de ton aide.

次に紹介するのは、とても丁寧に感謝の気持ちを伝える表現です。

  • Je ne sais pas comment vous remercier. どのようにお礼をしていいかわかりません。
  • Je vous suis reconnaissant de m’avoir aidé. ご援助いただき、感謝をいたします。
  • Je n’oublierai jamais ce que vous avez fait pour moi. この御恩は一生忘れません。

メール、手紙、SNSで使えるありがとう

これから列挙する例文はすべて、こちらの動画で音声を聴くことができます。また、メール、手紙、SNSで使えるありがとうの記事で詳しく解説(音声とカタカタ付き)しています。

フランス語では、相手との間柄に応じて、言い方を変える必要があります。以下の表現では、親しい間柄では、ta / ton を、丁寧に話す間柄では、votre を使います。Merci のあとに、beaucoup をつけて丁寧に言ってもいいですね!

  • Merci (beaucoup) pour ta lettre. お手紙ありがとう。
  • Merci (beaucoup) pour votre lettre. お手紙ありがとうございます。
  • Merci (beaucoup) pour ton email. メールありがとう。
  • Merci (beaucoup) pour votre email. メールありがとうございます。
  • Merci (beaucoup) pour ta réponse. お返事ありがとう。
  • Merci (beaucoup) pour votre réponse. お返事ありがとうございます。

とても丁寧に手紙のお返事をお願いしたいときは、

  • Je vous serais reconnaissant de bien vouloir me répondre au plus tôt. できるだけ早くお返事いただければ幸いです。

SNSなどで、フランス語でお礼をしたいときに次の表現は便利です。

  • Merci de me suivre. フォローありがとう。
  • Merci pour ton commentaire. コメントありがとう。
  • Merci pour votre commentaire. コメントありがとうございます。

最後に、ちょっと便利ないろいろなありがとうを紹介します。

  • Merci pour l’autre jour. 先日はありがとう
  • Merci pour aujourd’hui. 今日はどうもありがとう。
  • Merci pour la dernière fois. この間はありがとうございました。
  • Merci pour toute cette année! 1年間ありがとう

誰かに褒めてもらったら・・・

  • Merci pour ton compliment. 褒めてくれてありがとう。
  • Merci pour votre compliment. 褒めてくれてありがとうございます。

メール、手紙、SNSで使えるありがとうの記事で詳しく解説(音声とカタカタ付き)しています。

フランス語 お礼の返事 どういたしまして

これから列挙する例文はすべて、こちらの動画で音声を聴くことができます。また、フランス語で「どういたしまして」の記事で詳しく解説しています。

最後に、フランス語で「ありがとう」と言われたときの、返答表現を紹介して終わります。

  • Je vous en prie. どういたしまして。
  • Je t’en prie. どういたしまして。(友達言葉=tuを使っている人)
  • De rien. いいんですよ。
  • Il n’y a pas de quoi. 大したことないよ。
  • Pas de quoi. 大したことないよ。
  • Ce n’est rien. なんでもないことさ。
  • C’est tout à fait normal. 当たり前のことです。
  • C’est vraiment peu de chose. 本当に大したことないです。
  • C’est à moi de vous remercier! こちらこそ、どうもありがとうございます。

おまけですが、Merci を使った表現で、便利なものを最後にひとつ。この表現は、英語の No, thank you. に相当するフランス語の表現です。

  • Non merci. (ノン、メルシ)けっこうです。

これらの例文は、フランス語で「どういたしまして」の記事で詳しく解説しています。

フランス語を学んでみたいな!と思ったら、ぜひオンラインレッスンをご受講ください。

オンラインレッスン開講中!お気軽にお問い合わせください。

フランス語学習に役に立つ動画を毎日配信しています!無料のYouTubeレッスンです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました