フランス語学習がもっと楽しくなる!
Cours de japonais individuel sur mesure
Tailor-made individual Japanese lessons

Online Lessons

【フランス語の発音ルール】「アンシェヌマン」と「リエゾン」の違いとは?

アンシェヌマンとリエゾンの違い 発音

「はじめてのフランス語」レッスンでは、発音のルールとして、次のようなこと学びます。

  • つづり字記号
  • つづり字の読み方
  • リエゾン
  • アンシェヌマン
  • エリジオン
  • 有音のh、無音のh

「フランス語の発音は綺麗だから、話せるようになりたい!」というきっかけでフランス語を学び始める生徒さまがたくさんいらっしゃいます。

フランス語の発音はどうして綺麗なのでしょうか?その秘密はいくつかありますが、そのひとつに、「音と音がつながるルール」があるからだと思います。

その「ルール」は、大きく2種類あります。ひとつは、アンシェヌマン。もうひとつは、リエゾンです。ざっくり言えばこの二つは、「音と音がつながる」という点で共通していますが、違いがあります。

今回は、その違いについてわかりやすく説明します!

フランス語学習に役に立つ動画を毎日配信しています!無料のYouTubeレッスンです。

オンラインレッスン開講中!お気軽にお問い合わせください。

アンシェヌマンとは?

アンシェヌマンというフランス語は、「鎖」「つながり」という意味を持っています。特にここでは、言語機能としての「enchaînement」についてみていきたいと思います。

フランス語のアンシェヌマン


アンシェヌマンとは、発音される語末の子音が、次の語のあたまの母音とむすびついて発音されることと、定義されます。

フランス語のアンシェヌマンのルール

例えば、il aime という語がつながる場合は、このようになります。

フランス語のリエゾンの例

リエゾンとは?

Liaison というフランス語は、「連結」「結びつき」「人間関係」のような意味を持っています。特にここでは、言語機能としての Liaison について見ていきます。

フランス語のリエゾン


リエゾンとは、語末の発音されない子音(-b, -c, -d, -p, -r, -s, -t, -x, -z )や鼻母音が、
次の語のあたまの母音や無音のhとむすびついて発音されることと、定義されます。

フランス語のリエゾンのルール

例えば、des amis という2つの語がつながる場合は、このようになります。

フランス語のリエゾンの例

アンシェヌマンとリエゾンのちがい

「音と音がつながるルール」2つをついて見てきましたが、この2つの違いは、

発音される子音とつながるのが、アンシェヌマン

発音されない子音とつながるのが、リエゾン

ということになります。

ちょっとしたことですが、つづり字をしっかりと読めるようになるとこの2つをしっかり区別できるようになります。

リエゾンについては、さらに詳しいルールがあります。

▶︎ つづり字記号「アクサン・テギュ
▶︎ つづり字記号「アクサン・グラーヴ
▶︎ つづり字記号「トレマ
▶︎ つづり字記号「アクサン・シルコンフレックス
▶︎ つづり字記号「セディーユ

もっとフランス語を学んでみたいな!と思ったら、ぜひオンラインレッスンをご受講ください。

オンラインレッスン開講中!お気軽にお問い合わせください。

フランス語学習に役に立つ動画を毎日配信しています!無料のYouTubeレッスンです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました