フランス語学習がもっと楽しくなる!
Cours de japonais individuel sur mesure
Tailor-made individual Japanese lessons

Online Lessons

フランス語のアルファベットまるわかり 音声とカタカナ付き

フランス語のアルファベット フランス語学習

初級フランス語レッスンでは、アルファべと数字、簡単なあいさつ表現を学んでいきます。今回は、を簡単に発音できるコツや楽しく覚える方法、アルファベットの上の点について、フランス語のキーボード入力の仕方まで、フランス語のアルファベットのすべてをここに紹介します!

フランス語学習に役に立つ動画を毎日配信しています!無料のYouTubeレッスンです。

オンラインレッスン開講中!お気軽にお問い合わせください。

おすすめのフランス語学習方法

まずは、フランス語のアルファベットを聞いてみましょう。聞いてみたら、今度は後に続いて発音してみます。

最後にランダムでアルファベットが出てきますから、覚えたどうかチェック!アルファベットの聞き取りに挑戦してみてください!(練習動画は準備中です。お楽しみに!)

何もみなくても、言えるように、発音できるようにすることが目標です!

アルファべ 一覧 カタカナ 発音記号

発音は動画で音声を確認しながら、カタカナは参考程度にご参照ください!

アルファベット発音記号カタカナ読み方 発音のコツ
A a [a]ア        
B b         [be]
C c  [se]
D d      [de]
E e        [ə]顎の力を抜いて、唇を突き出さずに
F f[ɛf]エフ
G g[ʒe]ジェ上下の歯をつけたまま
H h       [aʃ]アッシュ
I i[i]
J j      [ʒi]上下の歯をつけたまま
K k         [ka]
L l[ɛl]エル
M m      [ɛm]エム
N n         [ɛn]エヌ
O o [o]
P p     [pe]
Q q      [ky]キュ下の歯に舌をつけて、唇を小さく丸く突き出して
R r[ɛ:ʁ]エールRの発音は喉から息を出す
S s   [ɛs]エス
T t         [te]
U u [y]下の歯に舌をつけて、唇を小さく丸く突き出して
V v   [ve]ヴェ
W w[dubləve]ドゥブル ヴェ
X x[iks]イクス
Y y  [igʁɛk]イグレックRの発音は喉から息を出す
Z z       [zɛd]ゼッドゥ

フランス語のアルファベット 発音のコツ

次にあげる5つのペアのアルファベットは、日本人話者(学習者)にとって、むずかしい発音で、レッスンでは特に注意して、発音練習をしています。

E e と U u

ひとつめは、日本語のカタカナの読み方にすると、どちらも「ウ」になりますが、これらのアルファベットのフランス語は、違う「ウ」の音になります。

ポイントは、E e を発音するときは、顔(顎)の力を全力で抜いて、口を突き出さずに「ウ」と言ってみることです。とてもだらしのない感じの「ウ」が出来上がります。

それから、U u の発音ですが、これは何度やってもできない方がけっこういらっしゃいます。が、ポイントは、口をつぼめて、突き出すこと。そのときに、下は下の歯の裏につけることです。今にも口笛がでてきてしまいそうな、口のかたちです。

G g と J j

つづいて、あなどれないこの発音、実は日本語の「ジ」の音とは全然違うのです。この音を出せるようになるかならないかで、綺麗なフランス語を話せるかどうかに違いがでるといっても過言ではありません。

ポイントはただひとつ。G gJ j も、発音するときは、下の歯と上の歯をくっつけることです。こうするとこで、ぐっとフランス語らしい発音になります。

試しに、日本語の「じゃんけん」を下の歯と上の歯をくっつけて言ってみてください。日本語の「じゃんけん」という発音とは全く違った、フランス語風の「じゃんけん」が出来上がります。

R r と Y y

Rの発音のコツをおさえると、R rY y の発音はできるようになります。フランス語のRの発音のポイントは、喉の奥から息を出すのですが、その際に、舌を下の歯に押し付けたまま、喉から息を出します。

はじめのうちは、大袈裟なくらいに大きな音をだして練習して、次第に力が抜けると綺麗なRの発音がでるようになります。

V v と W w

F f の発音も同様ですが、 V v の発音のポイントは、上の歯で下唇を触れながら発音します。また、「Vがふたつ」と言う意味の W w ですが、こちらは、英語のdouble(ダブル)にあたるフランス語の double(ドゥーブル)を言って、V v の発音をするとよいです。

長い発音なので、あわてて言おうとすると難しく感じます。落ち着いて、double(ドゥーブル)を言ってから、V v(ヴェ)を言います。

フランス語のアルファベット 英語との違い

英語と違う箇所で、いちばん複雑に思うのは、やはり、G g(ジェ)と J j(ジ) ではないかと思います。厳密に言えば、違いますが、これらふたつのアルファベットは、英語[G g(ジー):J j(ジェイ)]と逆で混乱するわけです。

F f L l M m  N n  O o S s は、  厳密に言えば、違いますが、英語とほとんど同じような発音で、それ以外は、違う発音と考えていいかもしれません。

より詳しい発音のコツは、こちらの記事をご覧ください!
【初級フランス語】アルファベット 発音と覚え方のコツと歌

フランス語 アルファベットの歌 覚え方

おなじみ英語のAlphabet songのフランス語バージョンです。歌って覚えるのがおすすめです。

La chanson de l’alphabet – Comptine

リズムにのって、繰り返し聴いているうちに、耳が自然に覚えていくといいですね!こども向けのアルファベットの歌です!ぜひ聴いてみてください!

La chanson de l’alphabet – Comptine

ABCDEF エフ G ジェ
H アッシュ IJ K
L エル M エム N エヌ OP
Q キュ R エール S エス TU V ヴェ
W ドゥブル ヴェ X イクス
Y イグれック Z ゼッドゥ

Maintenant
マントゥナン

Je les connais
ジュ レ コネ

toutes les lettres de l’alphabet
トットゥ レ レットる ドゥ ラルファべ

アクセント記号 アルファベットの上の点

アルファベットの上の点、これは「綴り字記号」(アクサンともいう)といいます。レッスンをしていると、よくある質問のなかに、この「つづり字記号」についての質問があります。

フランス語のアルファベットの上についている「これ」はなんですか?と言う質問です。つづり字記号(アクサン)のことですね。

フランス語のアクセント

アクサンは、英語にすると「アクセント」となるので、アクサンというと、その次の質問としては、「強く読むのですか?」というものがあります。この答えは簡単!「強く読みません」フランス語の発音には、強弱はありません。フランス語の発音は、高低・長短のみです。

綴り字記号(アクサン)の種類

つづり字記号(アクサン)は、おもに5種類あります。

  • アクサン・テギュ é
  • アクサン・グラーブ è à ù
  • アクサン・シルコンフレックス ê â û î ô
  • セディーユ ç
  • トレマ ë ï ü

その役割としては、発音に影響するものとそうでないものに分かれます。簡単に紹介すると以下の通りです。詳しくは、詳細ページをご覧ください。

アクサン・テギュ

é É つまり、これのことです!詳しい解説はこちら↓

アクサン・グラーヴ

È è À à Ù ù つまり、これのことです!詳しい解説はこちら↓

アクサン・シルコンフレックス

â ê î ô û つまり、これのことです!詳しい解説はこちら↓

セディーユ

ç つまり、これのことです!詳しい解説はこちら↓

トレマ

ë ï ü つまり、これのことです!詳しい解説はこちら↓

綴り字記号(アクサン)の意味

このアルファベットの上についている点(綴り字記号)ですが、意味がないわけではありません。説明すると長くなってしまいますので、ここでは簡潔にまとめます。主に以下の2点で、このアクサンは説明ができます。

  1. 発音に影響する / しない
  2. 意味に影響する / しない

ひとつずつの綴り字記号は、こららのうちのどれかにあてはまります。詳しくは、フランス語の発音「綴り字記号(アクサン)」の種類 まとめの記事を読んでみてください。

フランス語 キーボード入力の仕方

パソコンやスマホで、フランス語を入力したいと思ったら、どうしたらよいでしょうか?

スマホであれば、言語設定に「フランス語」を追加すると、キーボードに「フランス語」が加えられるので、そのまま入力したい単語を予測変換からタップすれば、アクセント付きの単語であっても、入力が可能です。

では、パソコンではどうしたらよいか?パソコンであってもスマホ同様に、言語設定に「フランス語」を追加、言語切り替えで、「フランス語」にすると、キーボードがフランス語仕様になります。

そこで、問題となるのが、フランス語のキーボードがどうなっているか?だと思います。

注意点

おもに、気をつけたい点は、A a Q qW w Z z の位置が日本語のキーボードと逆であることと、アクサンなどのついている特殊なアルファベットの入力の仕方です。

M m の位置も、注意が必要です。日本語のキーボードで「れ」が書いてあるところを押すとでてきます。

アクサン・シルコンフレックスとトレマ

アクサンシルコンフレックス▶︎詳しい解説はこちら)は、^ を押してその後に、e などを押すと、 ê がでてきます。

トレマ▶︎詳しい解説はこちら)は、⬆️を押しながらその場所をおすと、¨ がでてきて、そのすぐあとに、e などを押すと、 ë がでてきます。

アクサン・テギュとセディーユ

アクサン・テギュ ▶︎詳しい解説はこちら)は、数字の2を押すとでてきます。数字の2を出したいときは、⬆️を押しながら2を押します。

セディーユ ▶︎詳しい解説はこちら)は、数字の9を押すとでてきます。数字の9を出したいときは、⬆️を押しながら9を押します。

アクサン・グラーヴ

アクサン・グラーヴ ▶︎詳しい解説はこちら)は、è àù があります。

è を出したいときは、数字の7を押すとでてきます。数字の7を出したいときは、⬆️を押しながら7を押します。

à を出したいときは、数字の0を押すとでてきます。数字の0を出したいときは、⬆️を押しながら0を押します。

ù を出したいときは、日本語のキーボードで「け」が書いてあるところを押すとでてきます。

句読点の出し方 . , ? !

フランス語の句読点は、Ponctuation(ポンクテュアシオン)といいます。以下の種類があります。

  • ピリオド → point(ポワン)
  • コンマ/カンマ → virgule(ヴィルギュル)
  • セミコロン → point-virgule(ポワン・ヴィルギュル)
  • コロン → deux-points(ドゥ・ポワン)
  • 疑問符(クエスチョンマーク)→ point d’interrogation(ポワン・ダンテロガシオン)
  • 感嘆符(エクスクラメーションマーク)→ point d’exclamation(ポワン・デクスクラマシオン)
  • 括弧 → parenthèse(s)(パランテーズ)
  • かぎ括弧 → guillemet(s)(ギューメ)
  • 三点リーダー → points de suspension(ポワン・ドゥ・シュスパンション )
  • ハイフン → tiret(ティレ)
  • スラッシュ → Barre obllique(バー オブリク)

フランス語の句読点 Ponctuation(ポンクテュアシオン)の記事で、詳しく解説する予定です。

ピリオド

ピリオドを出したいときは、⬆️を押しながら、日本語のキーボードの「ね」を押します。

コンマ/カンマ

コンマ/カンマを出したいときは、日本語のキーボードの「M」を押します。

セミコロン

セミコロンを出したいときは、日本語のキーボードの「ね」を押します。

コロン

コロンを出したいときは、⬆️を押しながら、日本語のキーボードの「る」を押します。

疑問符(クエスチョンマーク)

疑問符(クエスチョンマーク)を出したいときは、⬆️を押しながら、日本語のキーボードの「M」を押します。

感嘆符(エクスクラメーションマーク)

疑問符(クエスチョンマーク)を出したいときは、数字の「8」を押します。

括弧

括弧を出したいときは、始め括弧 ( は、数字の「5」、括弧閉じ ) は、日本語のキーボードの「ほ」を押します。

かぎ括弧

フランス語のかぎ括弧は、 guillemet(s)(ギューメ)といい、« » ←このような形です。

かぎ括弧を出したいときは、数字の「3」を押して、始め括弧を出したあとに、文章を入れ、もう一度数字の「3」を押すと、括弧とじが出てきます。

キーボードによっては、英語式の ” “ がでてくることもあります。

三点リーダー

三点リーダーを出したいときは、ピリオドを3回打ちます…。ワードなどでは、そうすると自動で予測変換がでてきます。

ハイフン

ハイフン を出したいときは、日本語のキーボードの「へ」を押します。

スラッシュ

スラッシュを出したいときは、⬆️を押しながら、日本語のキーボードの「る」を押します

フランス語の筆記体 アルファベットの書き方

フランス語の筆記体は、大文字・小文字があり、上の画像にある通りです。書き順などの詳しい内容は、フランス語のアルファベットAからZ 筆記体の書き方の記事で、詳しく解説予定です。

フランスでは、小学校1年生の国語のクラスで書き方を学びます。

フランス語で簡単な自己紹介はこちら↑

*注:Rの発音については、原則ひらがなの「ら」行表記をしています。わずかに発音される語尾のRについては、Rと表記しています。正しい発音で覚えるためにも、音声確認を強くおすすめします。

もっとフランス語を学んでみたいな!と思ったら、ぜひオンラインレッスンをご受講ください。

オンラインレッスン開講中!お気軽にお問い合わせください。

フランス語学習に役に立つ動画を毎日配信しています!無料のYouTubeレッスンです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました