フランス語学習がもっと楽しくなる!
Cours de japonais individuel sur mesure
Tailor-made individual Japanese lessons

Online Lessons

初級フランス語で星の王子さまを読もう!(後編)名シーンの読解と音読練習

初級フランス語で読む星の王子さま 文化アトリエ

この記事では、あおいの初級フランス語グループレッスンの会話アトリエの実践内容を紹介します。

今回は、「初級フランス語で星の王子さまを読もう!名シーンの読解と音読練習」をテーマに会話アトリエを開催しました。

フランス語学習に役に立つ動画を毎日配信しています!無料のYouTubeレッスンです。

オンラインレッスン開講中!お気軽にお問い合わせください。

アトリエの概要

今回は、「星の王子さま」をテーマに会話アトリエを開催しました。

レッスンの流れ

世界中でもっともよく読まれている名作のひとつ「星の王子さま」は、200もの言語に翻訳されていて、子どもから大人まで楽しめる物語です。第1回(前編)は、その名作を初級フランス語でも楽しめるように、作品の全体像を見ていきます。第2回(後編)は、実際に文章を音読していきます!

このアトリエは、3部構成ですすめていきます。
文化アトリエ:【初級フランス語で星の王子さまを読もう!名シーンの読解と音読練習】

  1. 名シーンを読む(意味の確認)
  2. 単語単位での発音練習(発音しにくい単語を中心に)
  3. イントネーションをつけてフランス語らしく音読をする

それでは実際に詳しくみていきましょう。

今回は、著作権の関係で日本語訳はすべて「青空文庫」に掲載の「あのときの王子くん」を引用しています。アトリエでは、市販されているフランス語音声を2種類を聞きますが、こちらも著作権の関係で、このブログには掲載していません。(あおいの音読した「星の王子さま6章」のみ掲載…!)

星の王子さま 6章:日の入りのシーン

星の王子さま名シーンの6章

フランス語朗読:ベルナール・ジロドーとジェラール・フィリップ

なにはともあれ、まずは美しいフランス語の朗読を聞いてみましょう♪(アトリエでは、こちらの音源を聴いていただきます。)

ひとつめは、名俳優ベルナール・ジロドーによる朗読です。

ふたつめは、名俳優 ジェラール・フィリップによる朗読です。4:14

created by Rinker
¥3,255 (2022/12/01 17:56:03時点 Amazon調べ-詳細)

Ah ! petit prince, j’ai compris, peu à peu, ainsi, ta petite vie mélancolique. Tu n’avais eu longtemps pour distraction que la douceur des couchers de soleil. J’ai appris ce détail nouveau, le quatrième jour au matin, quand tu m’as dit :

– J’aime bien les couchers de soleil. Allons voir un coucher de soleil…

– Mais il faut attendre…

– Attendre quoi ?

– Attendre que le soleil se couche.

ねえ、王子くん。こんなふうに、ちょっとずつわかってきたんだ。きみがさみしく、ささやかに生きてきたって。ずっときみには、おだやかな夕ぐれしか、いやされるものがなかった。このことをはじめて知ったのは、4日めのあさ、そのとき、きみはぼくにいった。

「夕ぐれが大すきなんだ。夕ぐれを見にいこう……」

「でも、またなきゃ……」

「なにをまつの?」

「夕ぐれをまつんだよ。」

あのときの王子くん(青空文庫)https://www.aozora.gr.jp/cards/001265/files/46817_24670.html

Tu as eu l’air très surpris d’abord, et puis tu as ri de toi-même. Et tu m’as dit :

– Je me crois toujours chez moi !

En effet. Quand il est midi aux États-Unis, le soleil, tout le monde le sait, se couche sur la France. Il suffirait de pouvoir aller en France en une minute pour assister au coucher de soleil. Malheureusement la France est bien trop éloignée. Mais, sur ta si petite planète, il te suffisait de tirer ta chaise de quelques pas. Et tu regardais le crépuscule chaque fois que tu le désirais…

 とてもびっくりしてから、きみはじぶんをわらったのかな。こういったよね。

「てっきりまだ、ぼくんちだとおもってた!」

 なるほど。ごぞんじのとおり、アメリカでまひるのときは、フランスでは夕ぐれ。だからあっというまにフランスへいけたら、夕ぐれが見られるってことになる。でもあいにく、フランスはめちゃくちゃとおい。だけど、きみの星では、てくてくとイスをもってあるけば、それでいい。そうやってきみは、いつでも見たいときに、くれゆくお日さまを見ていたんだ。

あのときの王子くん(青空文庫)https://www.aozora.gr.jp/cards/001265/files/46817_24670.html

– Un jour, j’ai vu le soleil se coucher quarante-quatre fois !
Et un peu plus tard tu ajoutais :
– Tu sais… quand on est tellement triste on aime les couchers de soleil…
– Le jour des quarante-quatre fois tu étais donc tellement triste ?
Mais le petit prince ne répondit pas.

「1日に、44回も夕ぐれを見たことがあるよ!」

 といったすこしあとに、きみはこうつけくわえた。

「そうなんだ……ひとはすっごくせつなくなると、夕ぐれがこいしくなるんだ……」

「その44回ながめた日は、じゃあすっごくせつなかったの?」

 だけどこの王子くんは、へんじをなさらなかった。

あのときの王子くん(青空文庫)https://www.aozora.gr.jp/cards/001265/files/46817_24670.html

Le Petit Prince Chapitre 6

こちらは、YouTubeに投稿しているわたしの「星の王子さま」音読ムービーです。上手かどうかは別として、音読を私自身が楽しんでおります。

おわりに

「ひとりだとなかなか読む進められない」とか「初級フランス語でも読めるの?」といったお悩みに少しでも灯りを差し込めたら・・・という思いで、今回「フランス文学」をテーマとした「星の王子さまを読む」アトリエを開催しました。

このアトリエ(やこの記事)をきっかけに、おひとりでも「あぁ、読めるかも!」といった感触を得てもらえればとても嬉しいです!

●読解のポイント:すこしむずかしい構文や言い回し、訳し方など。

●音読のポイント:単語の発音、文章のイントネーションに注意、フランス語らしいテンポで、できれば思いを込めて!

もし、独学で「星の王子さま」を読み続けたい場合は、「「星の王子さま」でフランス語を学ぶメリット5つとおすすめ教材8冊のご紹介!中級レベルなりたてに、おすすめの理由」という記事がおすすめです。じっくり解説しています。

さらに、「まずは日本語で読んでみたいな」と思った場合には、「星の王子さま日本語翻訳いちばんいいのはどれ?8冊を比較」の記事をぜひお読みください!今回あつかった6章の名シーンの日本語訳をじっくりと翻訳しています。

また、あらすじから知りたい場合は、このアトリエの前編「初級フランス語で星の王子さまを読もう!あらすじと登場人物を知る」がおすすめです。この記事では、作者、作品紹介から、おさえておきたい単語を掲載しています。

次回予告:
2022年4月17日(日)文化アトリエ
「復活祭ってなに?リスニングに挑戦!」
今年の復活祭は、4月17日。知っているようで知らない復活祭について、フランス語の映像をみながら、聞き取りにも挑戦し、復活祭について学びます!

「あぁ楽しそうだな!参加してみたい!」という方がいらっしゃいましたら、まずはプライベートレッスンをお申し込みください!

オンラインレッスン開講中!お気軽にお問い合わせください。

フランス語学習に役に立つ動画を毎日配信しています!無料のYouTubeレッスンです。

タイトルとURLをコピーしました